注目キーワード
  1. Laq
  2. コストコ
  3. 知育

二度目の帝王切開!出産レポート

こんにちは、無事第二子を出産したwakuwakuです。

実は第一子の時に帝王切開で出産しており、そうなると一般的に二人目も帝王切開になると診断されました。

予定日よりも早く手術の日を設定して、ドキドキしながらその日を待つ…という経験は2回目でも慣れないもの。

前回の手術とは体調が違うなと感じる点もあったので、比べながらレポートしたいと思います。

広告

手術の日程について



前回も今回も、生産期のどこかで手術日を設定することができました。

病院によると思いますが、私の場合は妊娠30週目くらいの検診で「手術日はいつにしますか?」と聞かれました。

里帰り出産なので、我が家の場合は旦那が転勤先から帰ってこれるように休みの取れる日で決定。

実は旦那には言わなかったけれど、ちょっと星占いや動物占いも調べておりました。

所詮は占い!って思いつつ家族との相性など気になってしまうのです…

ただ、占いによっては「帝王切開の場合は正式な出産予定日で調べる」という説もあるくらいなので、話のネタになるかなくらいの気持ちで調べました。

ひとまず家族みんなの相性は悪くなさそうです。

2回目の帝王切開の跡はどうなる?

ope_room

通常帝王切開はお腹をタテかヨコで切開して手術します。

1度目の手術の時に選ぶことができたので、タテ方向で希望して手術してもらいました。

今回はどうなるかな~?2回目にもしヨコだったらお腹に十字傷ってなんか漫画みたいだなぁ

なんて思っていたら、前回と同じ場所を切開するとのこと。

現在私のお腹にはタテに手術跡が残っていますが、1度目の傷よりも広がるという印象もなく順調に治ってきています。

人によっては傷が薄くなる人・少し盛り上がって残る人と様々なようです。

手術中の体調の変化について

広告

帝王切開は「手術」なので当然ですが麻酔をします。

麻酔は半身麻酔なのですが、先生が赤ちゃんを取り上げて確認するまでは意識を保って起きていなければなりません。

背中に麻酔をしてからの流れは前回と同じだったので、落ち着いて起きていることができました。

ただ、麻酔をしてからしばらくすると気持ち悪さがこみ上げてきて呼吸が荒くなってしまい、酸素マスクをあててもらいました。

前回このようなことは無かったですが、麻酔の効きはじめに気持ち悪くなる人もいるのだとか。

しばらくそのままマスクをしてしたら体が麻酔に馴れてきて、気持ち悪さも少なくなっていきました。

麻酔が効いているのを確認して、手術が始まります。

born_baby

大体手術室に入ってから30分くらい(だったと思います)で、赤ちゃんが出てきました。

ここまで頑張って起きていなければなりません。

実は前回の手術の時は麻酔のせいで猛烈に眠くなり、赤ちゃんの産声が聞こえない…と思いながら意識が遠のいて寝てしまって、病室でちゃんとご対面できるまで気が気じゃ無かったです。

今回は気持ち悪くても眠気が出ることはなかったので、赤ちゃんを目で追ったり、泣き声を聞いたりする余裕もありました。

そのあとの処置はあまり覚えていません。

頑張って起きていられたけれど、先生が眠くなるように薬を足してくれました。

お陰で手術が終わった後は、ぼんやりしてるうちに部屋に戻ってこれたように思います。

まとめ

手術中も産声を聞いて、顔をしっかり見るんだ!という決意で臨んだので、前回よりもしっかり赤ちゃんを確認することができました。

赤ちゃんの声を聞けた時に安心して、なんとも言えない涙が溢れてくるのは毎回同じです。

麻酔の効きが初回のときと違って、呼吸が荒くなったり気持ち悪くなったりしたのは自分の加齢のせいなのかな?と思ったりもしました。

その後痛みが出たり、熱が出たりと入院中は色々ありましたが、無事に退院して赤ちゃんのお世話ができています。

病院によって処置や説明が違うこともあるかもしれませんが、私の場合2回目の帝王切開はこんな感じでした。

男の子が一人増えたこれからの育児、頑張っていこうと思います。

こんな人もいるよということで、出産を控えた方の参考になれば幸いです。