注目キーワード
  1. Laq
  2. コストコ
  3. 知育

栄養満点!ビーツで冷製スープを作ってみる

前回に引き続き、コストコのビーツを紹介します。
ビーツは日本ではあまり馴染みのない野菜です。
実はかなり栄養価が高く「奇跡の野菜」「食べる輸血」とも呼ばれているのですが、どんな料理ができるのか知らずに手を出せない、という方も多いと思います。
私はてんぷらから作ってみましたが、もっとお手軽に続けて食べられるメニューはないかな…と色々試してみました。

広告

栄養を余すことなく!ビーツのスープ

てんぷらにしたときに気がついたのですが、ビーツはひとたびカットするとどんどん赤い色素が流れ出してきます。
ビーツをてんぷらの衣につけた後は、白かった液がどんどん赤く染まってしまうのです。
この赤い色素にも、たくさん栄養が詰まっている…ということで、まるごとスープにしてしまうのが良いかな?と思いました。
これからどんどん暑くなる時期なので、冷蔵庫で冷たくして飲む「ビシソワーズ」を作ってみることにしました。

材料
じゃがいも 中1個
たまねぎ  半分
ビーツ   水煮2個
牛乳    2カップくらい
ブイヨン  小さじ1くらい
塩コショウ 少々

①材料を刻んで鍋に入れ、弱火にかけて火を通す

beetsoup_step1

鍋に、たまねぎ→じゃがいも→ビーツの順番で、食材を重ねて入れます。
※新じゃがのため、皮付きで投入しています。
ついでに、コストコのビーツをあけたときに出てくる汁も上からかけてしまいます。
我が家ではストウブという無加水調理ができる鍋を使うのですが、もし普通の鍋でしたら鍋が焦げないようにお水を入れると良いでしょう。
このまま蓋をして、火が通るまで弱火で蒸し煮にします。

beetsoup_step2

ジャガイモに火が通って、たまねぎが透き通りました。
我が家ではIHのメモリ1で30分くらいかかりました。
無加水鍋だと、この時点である程度野菜のスープが出てきています。

②少し冷まして、荒熱がとれたらかぶるくらいの牛乳を加え、ブイヨンを投入

beetsoup_step3

③ブレンダーで攪拌して仕上げる

野菜が混ざってとろとろになるまで、ハンドブレンダーやミキサーにかけます。

beetsoup_step4

ビーツの赤い色が牛乳に混ざってきれいなピンク色のスープができます。
味見をしてみて、塩コショウで味をととのえます。

④冷蔵庫で冷やしてできあがり

beetsoup_step5

器に盛って完成です。

まとめ

材料を刻んでしまえば、火にかけて鍋に任せておけるので楽なのではないかなと思っています。
ブレンダーも、鍋の中でかくはんできるハンドブレンダーならお手軽です。
ビーツが甘いので、子供にも飲ませやすいスープになりました。

おまけのパンケーキ

beet_pancake

余ったスープを牛乳の代わりにして、ホットケーキミックスと卵で焼きました。
ほんのり赤くなって、子供も大喜び。
栄養満点のおやつに、オススメです。

いかがでしたか?
コストコで購入した健康野菜・ビーツの水煮の調理レポートをお送りしました。
ビーツに興味があるけれど、なかなか手が出しにくい…という方の参考になれば幸いです。